20代の転職は新しい可能性へのチャレンジ

 

 アメリカのオレゴン州に本社があるRyno Motors社が、2013年8月に販売開始を発表した電動一輪バイク「RYNO」の、事前に予約された分の出荷を2014年4月から行うことが分かりました。「RYNO」がユニークなのはそのスタイルで、大きな一輪のタイヤの上にシートとハンドルだけが付いた電動バイクです。セグウェイのように体を前に倒すと加速し、体を後ろに倒すと減速します。また内部にはジャイロスコープが搭載されているので、倒れないように自動的に車体がバランスを取ってくれます。

 

 充電時間は約6時間掛り最高時速は約16キロですが、1回の充電で最高速度で約16kmか1時間は連続して走ることができます。だ。最高速度でない場合は、もう少し長く走ることができる。電池は取り外し可能だ。この「RYNO」の開発のきっかけは同社のCEOであるクリス・ホフマン氏が7年前に、当時13歳の娘さんからゲームソフトで見た一輪のバイクをスケッチし同じものが作れないかと尋ねられたことでした。当初は趣味として始めたクリス・ホフマン氏ですが、ジャイロセンサーの価格が10ドル近くまで下がったこともあり、開発から4年半ほどしてからビジネスへと発展させました。

 

 「RYNO」に誰も乗っていない状態で電源を入れてハンドルバーを押しても、ジャイロセンサーやモーションセンサーの機能が働き微動だにしません。さらに20%までの勾配でもラクラクと登るので、坂道が多いサンフランシスコのような州でも問題ありません。「RYNO」のようにこれからは全く新しい、斬新なアイデアとか発想が求められる時代です。

 

 20代中盤での転職は、大卒からの入社であれば3年目で第二新卒になりますが、第二新卒を積極的に採用する企業が求めているのが正に斬新なアイデアや発想です。第二新卒を採用する企業は以前と比べると増えていますが、例え経験や実績がなくても企業は若い可能性に賭けています。これまで自社になかったような新しい風が吹き、企業が発展するきっかけとなることをです。ただそのためにも自分が何をやりたいのか、自分に何ができるのかをよく考える必要があります。そのためにもあなたの可能性や強みを、引き出してくれる転職サイトの利用はお勧めです。

 

 

 

 

〔人気サイト〕
40代でも希望の転職
40歳以降の転職を成功させる、必要な情報を随時更新中。

 

49歳の転職を可能に

 

保育士への転職支援
子育て支援の続く、保育士の業界への転職を目指すなら。

 

厚労省

 

http://xn--fiqwo310bi43atndz80amet.net/
中高年の転職を支援するための情報など

更新履歴